大人になってもニキビができるのはなぜ? - ニキビを取り除く際の心得について

大人になってもニキビができるのはなぜ?

main-img

もし出来てしまったら大抵の人は嫌だなと感じるのがニキビです。

思春期になると男性ホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んになることで毛穴が詰まってしまいます。そこに常在菌であるアクネ菌が増殖することで毛穴の周りに炎症がおこり出来てしまいます。
思春期というと若い世代に多くできるように思われがちですが大人になってからできる人も多く、悩まされることがあります。
この大人ニキビができる理由としては、睡眠不足やストレス、不規則な生活などが考えられ思春期ニキビと原因は似ています。



ですが更に考えられる事にお化粧があります。


社会人になるとお化粧は欠かせなくなりますからそれがきっかけでできる場合もあります。



ですがこれはファンデーションを変えたりきちんとメイクを落とすことで防ぐことが出来ます。



一番の原因と言われているのが肌の乾燥です。



肌が乾燥することで古い角質が詰まりターンオーバーが乱れてしまい毛穴を詰まらせてしまうのです。


対策としては、洗顔と保湿することが最も大切で洗顔料に気をつけなければなりません。



油分が含まれているものや合成界面活性剤は使用せずに優しく洗顔をします。



そしてそのあとにしっかり保湿力の高い化粧品で保湿しますが肌に刺激を与えないようにノンオイル化粧品を使用することも大事です。



また、身体の中からも治す目的からビタミンCを多くとることでターンオーバーの手助けをしてもらい改善していくこともできるのです。


ビタミンCはいちご、ブロッコリー、黄色ピーマンや新鮮な野菜に多く含まれているので積極的に取り入れるようにすると良いでしょう。



関連リンク

subpage01

ニキビは就寝時に治すのがセオリー

思春期の大きな悩みの一つに、ニキビがあります。これは思春期特有の症状であって、大人になるにつれてその数は減っていきます。...

more
subpage02

肌タイプ別の黒ニキビ用アロマローション

ニキビは白から始まり、これに汚れが付着して黒くなり、最終的に膿んで炎症を起こし、赤ニキビになります。ニキビの改善には、基本的に正しい洗顔で肌を清潔に保つことが第一条件です。...

more